SCHEDULE

MAD PROFESSOR
Live Dub Remix Show

MAD PROFESSOR<br/>Live Dub Remix Show
OPEN / START
23:30
ADV
¥3,500
DOOR
¥4,000
LINE UP

MAD PROFESSOR
SILENT POETS with Shojiro Watanabe

TICKET
チケットぴあ [165-385]  ローソンチケット [73851]  e+

9/13 ON SALE

 

※20歳未満の方のご入場はお断り致します。年齢確認のため、顔写真付きの公的身分証明書をご持参ください。(You must be 20 and over with photo ID.)
※法律で禁止されている物や危険物の持ち込みは固く禁じます。
※再入場はお断りさせていただきます。
※会場周辺での座り込み/たむろ/立ち話/待ち合わせ/大声で騒ぐ等の行為は近隣の方のご迷惑となりますので固く禁じます。

INFO

LIQUIDROOM 03(5464)0800

伝説級のベースとエコーを体感せよ──マッド・プロフェッサー、名盤『No Protection』、そして幻の『Mezzanine』生ダブ・ミックスも飛び出す珠玉のライヴ・ダブ・セッション開催!

 

エッジーな新鋭から芳醇なベテラン勢まですばらしい音楽を生み出し続けるUKのベース・ミュージック・カルチャー、マッド・プロフェッサーは、その根幹に存在するUKルーツ・レゲエ~ダブにおける超重要アーティストだ。そんな彼の神業ライヴ・ダブ・ミックスを存分に堪能できる来日公演が決定! 都内屈指のサウンドシステムを有するLIQUIDROOMにて、重量級、圧巻のサウンドをダイレクトに体感するチャンスだ。
レーベル〈ARIWA〉を率いて1970年代末から活動、UKルーツ・レゲエ~ラヴァーズにおける重要プロデューサーでもあり、名物ダブ・アルバム『Dub Me Crazy』シリーズをはじめ、そのトリッキーなスタイルでダブという音響表現をひとつ先に進めてきた。また1995年、マッシヴ・アタックのアルバム『Protection』をほぼまるごとダブ化した『No Protection』は、“ダブ”がアートフォームとして、その鋭利な音楽性、そして未来に開かれた多様な可能性に満ちているものだということをクラブ・ミュージックやロック・リスナーをはじめ、その後の新たな世代にも衝撃を持って知らしめた。さらに今年、マッシヴ・アタックの3rd『Mezzanine』リリース時(1998年)に制作されたという幻のダブ・ヴァージョン集『Mezzanine Remix Tapes 98』が、『Mezzanine』20周年デラックス・エデションのリリースとともに発表され話題をさらった。今回の公演はマッシヴ・アタックとの珠玉の名曲をはじめ〈ARIWA〉クラシックを素材にライヴ・ダブ・ミックス・セッションで披露する。
また本公演では、レゲエ / ダブやヒップホップを独自の美学でまとめ上げ、ある意味で『No Protection』からの影響も昇華し、ここ日本で独自のサウンドを1990年代に作り出したSILENT POETSが登場。Shojiro WatanabeとともにLIVE DUB SETを披露する予定だ。
伝説級のベースとエコーを聴き逃すな!

 

■【大阪公演】
2019.10.18.FRI @ 梅田 CLUB QUATTRO
Act : MAD PROFESSOR and more acts to be announced.
open / start 18:00
adv. ¥3,500 (別途1ドリンク) door ¥4,000 (別途1ドリンク)
https://www.club-quattro.com/umeda/

 

 

▼Mad Professor (Ariwa Sounds, UK)

泣く子も黙るダブ・サイエンティスト、マッド・プロフェッサーは1979年にレーベル&スタジオ「アリワ」設立以来、UKレゲエ・ダブ・シーンの第一人者として、30年以上に渡り最前線で活躍を続ける世界屈指のプロデューサー/アーティストである。その影響力は全てのダンス・ミュージックに及んでいると言っても過言ではない。その信者達は音楽ジャンルや国境を問わず、常にマッド教授の手腕を求め続けている。なかでもマッシヴ・アタックのセカンド・アルバムを全編ダブ・ミックスした『No Protection』は余りにも有名である。伝説のリズム・ユニット、スライ&ロビーとホーン・プレイヤー、ディーン・フレーザーをフィーチャーして制作された『The Dub Revolutionaries』は、2005年度グラミー賞にノミネイトされ話題となった。まだまだその快進撃は止まる気配を見せないマッド教授である。ここ近年だけでも、伝説的なベテラン・シンガー、マックス・ロメオ、レゲエDJの始祖ユー・ロイ、レゲエ界の生き神様リー・ペリーに見出されたラヴァーズ・ロックの女王スーザン・カドガン、UKダンスホール・レゲエのベテラン・マッカBのニュー・アルバムをプロデュースしている。 自身のアルバムも『Bitter Sweet Dub』『Audio Illusions of Dub』『Roots of Dubstep』『Dubbing with Anansi』などをコンスタントにリリースしている。プロデュース作品は、リー・ペリーの手に依る金字塔アルバム『Heart of The Congos』で知られるThe CongosのCedric Mytonとのコラボ・アルバム『Cedric Congo meets Mad Professor』、カリスマ的ラスタ・シンガー LucianoとのDub Showcase『Deliverance』、リー・ペリーとのコラボ作『Black Ark Classics in Dub』など、相変わらずのワーカホリックぶりを発揮している。最新テクノロジーと超絶ミキシング・テクニックを駆使して行われる、超重低音の圧巻のダブ・ショーで存分にブッ飛ばされて下さい。
www.ariwa.com

 

▼SILENT POETS
東京在住のDJ/プロデューサーである下田法晴のソロユニット。1992年のデビュー以来、長きに渡る活動を通じて、メランコリックでエモーショナルなDUBサウンドを育んできた。
これまでにフランスのYellow Productions、ドイツの99 Records、USのAtlanticといったレーベルからアルバムがリリースされ、イビサ・チルアウトの歴史的名作『Cafe del Mar』をはじめ、世界各国の40作品を超えるコンピレーション・アルバムに楽曲が収録された。2013年に自身のレーベル、ANOTHER TRIPを設立。再構築DUBアルバム『Another Trip from the SUN』を発表。2016年にラッパーの5lackをフィーチャーしたNTTドコモStyle20’ CMソング「東京」が ACC TOKYO CREATIVE AWARDS クラフト賞サウンドデザインを受賞。2017年、FUJI ROCK FESTIVAL出演を果たし、7インチシングル「SHINE feat. Hollie Cook」のリリースを皮切りに、デビュー25周年プロジェクトを始動。2018年、2月に発売した12年振りのオリジナルアルバム『dawn』では、5lack, NIPPS, こだま和文, 櫻木大悟 (D.A.N.), Hollie Cook, Leila Adu, Miss Red, Addis Pabloなど国内外の豪華アーティス トが集結し話題となった。 また収録曲「Asylums for the feeling」は小島秀夫監督による新作PlayStation®4(PS4®)用ソフ トウェア『DEATH STRANDING』のトレーラー映像に使用されるなど、世界中に新たなファン を獲得している。 同年6/24に渋谷WWWに行われ話題を呼んだ25周年を記念したキャリア初のフルバンドセットでのライブを『SAVE THE DAY』として映画化し、国内10ヶ所で上映した。今回、数々のSILENT POETSの作品でミックスを担当したエンジニア渡辺省二郎とのユニット、SILENT POETS LIVE DUB SETで出演。
https://www.silentpoets.net/