SCHEDULE

BRIGHT EYES

BRIGHT EYES
OPEN
18:30
START
19:30
ADV
¥7500(税込・ドリンクチャージ別)
TICKET

2/1 ON SALE

※未就学児入場不可

INFO

クリエイティブマン 03(3499)6669

インディー・ミュージックシーンの最高峰、コナー・オバースト率いるブライト・アイズが再始動!

NY、LA、そして東京の3都市のみとなる復活ライヴを見逃すな!!

 

2020年はBright Eyesにとって記念すべき年である。アルバム『Fevers and Mirrors』の20周年であり、『I’m Wide Awake, It’s Morning』と『Digital Ash in a Digital Urn』の15周年でもある。特に、ブッシュ大統領期のイラク戦争時にリリースされ、自身の混乱と共に世界を理解することに対しての苦悩を歌った『I’m Wide Awake, It’s Morning』は、独自の方法で反戦アルバムとしてのカノンとなり、15年を経た今の時代においても大きな意味を持っている。
Bright Eyesはネブラスカ州オマハ出身のシンンガーソングライター、Conor Oberstを中心に、プロデューサーでもあるMike MogisとNate Walcottによって結成されたインディ・ロック・バンドだ。Bright Eyesは1998年にSaddle Creekよりデビュー・アルバム『A Collection of Songs Written and Recorded 1995-1997』とセカンド・アルバム『Letting Off the Happiness』をリリース。2000年のサード・アルバム『Fevers and Mirrors』で高評価を獲得し、2002年の4枚目のアルバム『Lifted or The Story Is in the Soil, Keep Your Ear to the Ground』は米チャートのトップ200にランクインした。『A Christmas Album』(2002年)をはさみ、2005年には『I’m Wide Awake, It’s Morning』『Digital Ash in a Digital Urn』と2枚のアルバムを同時リリース。前者は米チャートの10位、後者は15位と大ヒットを記録。その後、2007年には8枚目のアルバム『Cassadaga』(全米4位)、2011年には9枚目のアルバム『The People’s Key』(全米13位)をリリースした。
2020年はBright Eyesが戻ってくる年でもある。『The People’s Key』以降、バンドは長く休止。Mike Mogisはプロデューサー、Nate Walcottはコンポーザー/スタジオ・ミュージシャンとしての仕事を行い、Conor Oberstはソロ、Desaparecidos(自身のパンク・バンド)、Better Oblivion Community Center(Phoebe Bridgersとプロジェクト)等で活動していたが、3人は再開。新たにインディ・レーベル、Dead Oceansと契約し、この試練の時代からの脱出と対立の為、再びBright Eyesを始動させることとなった。