SCHEDULE

2F

前野健太 / 5lack LIQUIDROOM 15th ANNIVERSARY

前野健太 / 5lack
OPEN
18:30
START
19:30
ADV
¥4,000(税込・ドリンクチャージ別)
LINE UP

前野健太 / 5lack

TICKET
チケットぴあ [149-574]  ローソンチケット [73213]  e+ LIQUIDROOM 

5/19 ON SALE

 

ローソンチケット独占先行あり。

受付期間:2019年4月8日(月曜日)正午~5月7日(火)23:59
https://l-tike.com/concert/mevent/?mid=430619

 

※6歳以上チケットが必要。
※未就学児入場不可。

INFO

LIQUIDROOM 03(5464)0800

▼前野健太
1979年生まれ、埼玉県出身。シンガーソングライター。2007年に自主レーベルよりアルバム『ロマンスカー』をリリースし、デビュー。2009年、ライブドキュメンタリー映画『ライブテープ』(監督:松江哲明)で主演を務める。同作は第22回東京国際映画祭の「ある視点部門」でグランプリを受賞。2011年にも同監督の映画『トーキョードリフター』で主演を務める。同年、第14回みうらじゅん賞を受賞。近年はフジロックフェスティバルをはじめ大型フェスへの出演や、演劇作品への楽曲提供、文芸誌でのエッセイ連載、小説執筆など、活動の幅を広げている。ジム・オルークをプロデューサーに招いた『ハッピーランチ』(2013年)。2014年にはライブ盤、2015年にはCDブック「今の時代がいちばんいいよ」を発表。2016年12月には主演映画『変態だ』(みうらじゅん原作、安斎肇監督)が公開。2017年2月、初舞台となる『なむはむだはむ』(つくってでる人:岩井秀人、森山未來、前野健太)に参加。同年3月3日初のエッセイ集『百年後』を粘TAND!BOOKSより刊行。2018年4月よりNHK Eテレ「オドモTV」レギュラー出演中。Eテレ『オドモTV』レギュラー出演中。最新アルバムに『サクラ』。ラジオ日本にて『前野健太のラジオ100年後』パーソナリティをつとめる。2019年2月より岩井秀人作・演出作品の音楽劇『世界は一人』の音楽を担当。全公演バンド演奏で出演する。
https://maenokenta.com

 

▼5lack
5lack a.k.a 娯楽 (またはs.l.a.c.k.)。日本・東京出身のラッパー / トラックメイカー。実兄のPUNPEE、地元の先輩GAPPERと組むPSGの一員としても知られ、他にもBudaMunk、ISSUGIと結成したSick Teamに、Olive Oilとのユニット・5Oとしても活動する。ソロとしても、計5枚のアルバムの他に、EP / MIXCD / Free DL作品などを発表しており、野田洋次郎のソロプロジェクト・illion / DJ KRUSH / KOHH / Kojoe / RUDEBWOY FACEらとの共演作も発表している。また、2015年の年末から放送されている、NTTドコモによる2020年東京オリンピックのキャンペーンCM 鉄tyle ʼ20 にも楽曲提供を行うなど、アンダーグラウンドな立ち位置はそのままに、活動の幅を広げ続けている。
2018年に入ると2月に5Oとしての新作を発表し、3月に行われた恵比寿Liquid roomでのワンマンはチケット即完売。7月には新曲を配信シングルとして発表。同タイミングで過去作も一挙にDL & ストリーミングの解禁。その直後に行われた、Fuji Rock Festival 2018・RED MARQUEEでのライブは、豪雨の中にも関わらず、満員の会場で初出演とは思えぬ貫禄のライブを披露し、10月の赤坂ブリッツでの単独公演開催のアナウンス。「KESHIKI」と名付けられた今年2度目のワンマンもチケットは完売し、その公演中に、3年振りとなるソロ・アルバム「KESHIKI」を11月にリリースすると発表。そして潜伏期間が続く…。
https://5lack.com