SCHEDULE

7

2016

Jul

7/30

Sat.

callme

callme Live Museum 2016 Sounds Of Summer

160730

OPEN / START
17:15 / 18:00
ADV / DOOR
¥3,800(税込・ドリンクチャージ別) / -
TICKET
チケットぴあ [301-149] ローソンチケット [77105] e+ 6/25 ON SALE

※6歳以上チケット必要
※女性/子供エリア有り
INFO
HOT STUFF PROMOTION 03(5720)9999

7/30

Sat.

HOUSE OF LIQUID

LIQUIDROOM 12th ANNIVERSARY

PICK UP

7.30_flyer_update

【〈COSMOPOLYPHONIC〉クルー、RLPのDJミックスが公開!】(7/27/2016)
『東京の狭い夜空へと降り注ぐ、境界のないグルーヴ』
ビート・ミュージック、ハウス~R&B~ヒップホップまでがチルに横断する、東京の深夜を彩る、そのプレイはネットから現場まであらゆる要素へと接続するメトロポリスのクールなミックス感を象徴する。ときにルードに、ときにロマンチックに、都市の後ろ側から匂い立つ物語にやられてしまいましょう。(河村祐介)

【Max Graef & Glenn Astro スペシャルインタビュー公開!】(7/21/2016)
ディスクユニオン・オンラインショップにてMax Graef & Glenn Astroのアルバムリリース/来日記念スペシャルインタビューが公開されました!好評発売中のファーストアルバム『The Yard Work Simulator』や、二人のバックボーン、Ninja Tuneとの関係などが展開されています。チェックです!!
http://diskunion.net/clubt/ct/news/article/2/60482

【〈MAL〉クルー、Asparaのミックスが公開!】(7/15/2016)
『ジャック&メロウなディープ・ハウス・グルーヴに熱視線』
センチメンタルな内股ハウス・グルーヴもジャッキンなワイルド・ディスコも涼しい顔して乗りこなす、このDJ。どこか、ムードマンのあのときあの感じにも似ている気がして、気になりすぎるけど、気にしているとニョッキリ別の世界にスウィングする。いい塩梅すぎるDJプレイは今後多くの人に聴かれることでしょう。(河村祐介)

忍者のハウシーな刺客、マックス・グレーフ&グレン・アストロ、さらに話題のD.A.N.、Licaxxxを迎え、2016年第2弾のHOUSE OF LIQUIDはジャンルも世代もぶっちぎります!2FではMadegg、AsparaにLicaxxxの〈MAL〉クルー、そしてCOSMOPOLYPHONICクルーの出演が決定!

デンマークの〈Tartele〉、ベルリンのポスト・ビートダウン系ディープ・ハウスの注目レーベル〈Box Aus Holz〉、さらには自身のレーベル〈Money $ex〉などからリリースをおこなうマックス・グレーフ&グレン・アストロ。彼らがこのたび、2016年のHOUSE OF LIQUIDに第2弾に登場する! ソロやシングル・レベルでの活躍から一転、なんと今度は老舗レーベル、コールドカット率いる〈Ninja Tune〉からアルバム『The Yard Work Simulator』をリリース。セオ・パリッシュあたりを彷彿させるデトロイト・ビートダウンのサンプル・ループ感とヒップホップのカットアップ&チョップ・サウンドの間を行き、そのリズムさばきでハウス・フォーマットの上に野太いファンク・グルーヴを出現させる。そのファットなグルーヴはディープ・ハウス、はてはヒップホップ~ビート・ミュージックのファンをも虜にすること間違い無しなサウンドを提げての登場です。そして1stアルバム・リリースで一気に注目を集め、インディ・ロック界隈からクラブ・カルチャーまでに衝撃を与えたD.A.N.がライヴで登場。さらにはLicaxxx、MOODMANとHOUSE OF LIQUIDでおなじみのDJたちが出演。

そして2Fでは、ビート/ベース・ミュージックで、インターネットと現場をつないで世界中とリンクするDJ/ビートメイカー集団、〈COSMOPOLYPHONIC[RLP, Fujimoto Tetsuro, RGL, Tidal, Submerse]〉が全員集合系で登場。さらに京都在住のビートメイカー、Madegg、大阪在住のDJ、Aspara、そしてこちらにもLicaxxxの3人が──つまるところ、同地にあるTime Out Cafe & Dinerにて開催中のハウス・パーティー〈MAL〉のクルーが揃い踏みであります。

ジャンルや年代を超えたアーティストやDJたち──cero、Suchmos、そしてMURO、DJ NORIといったアーティストたちが出演し、大きな話題となったHOUSE OF LIQUID、2016年の2回目。垣根を越える、音楽カルチャーのスリリングな邂逅を現場で体感するべし。(河村祐介)


★Max Graef & Glenn Astroのミックス/インタヴューがThe Vinyl Factoryにアップ!
http://www.thevinylfactory.com/vinyl-factory-releases/vf-mix-47-max-graef-glenn-astro/

▼Max Graef & Glenn Astro (Ninja Tune/Money $ex Records/Tartelet)
〈Ninja Tune〉も契約せずにはいられなかった、昨今のダンスミュージックのキーワード「ロウ」を、アナログマシンではなく、「完全生音」というより原点的な角度から魅せるプロデューサーコンビ、Max Graef & Glenn Astroの初来日が決定した。2012年にSoundcloudを通じて出会った2人は、それぞれソロとしてもヨーロッパでの活躍目覚ましい。Max Graefは、2014年にデンマークの名門Tartletより発表した1stアルバム『Rivers Of The Red Planet』にてディープ・ハウスとビートミュージックの蜜月に新たな解釈を与え、翌年にはGlenn Astroも、ジャズバンドがハウスを演奏したような作風での1stアルバム『Throwback』をTartletより発表し、共に一躍シーンの寵児となる。2015年、2人は音作りの精度とこだわりに磨きをかけるべく、ホームレーベルMoney $ex Recordsを設立。そして2016年5月には満を持してコンビとして待望の1stアルバム『The Yard Work Simulator』を〈Ninja Tune〉より発表する。ファンクやジャズ、ヒップホップ越しに映し出されるサンプルを使わずほぼ生音で構成された新時代のディープ・ハウスは、LIQUIDROOMのフロアに心地良い極上の興奮を伝えること間違いなしだ。(松原裕海)

【超待望の1stアルバムを〈Ninja Tune〉からリリース!
サンプルを使わずほぼ生音で構成されたジャズ・ハウス大傑作!】
『The Yard Work Simulator』- Max Graef & Glenn Astro
(『ザ・ヤード・ワーク・シミュレーター』 – マックス・グレーフ&グレン・アストロ)
レーベル:Beat Records / Ninja Tune
品種/品番:帯付輸入盤1CD/BRZN227
税抜定価:1,929円
発売日:2016年5月28日(土曜日)
解説:河村祐介


LIQUIDROOM FEATUREページにてレビューを公開!
“〈Ninja Tune〉が、新たな才能として世に送り出した二人組によるデビュー作!”
Text by Beat Records
レビューページはこちらから
http://www.liquidroom.net/feature/

Max and Glenn are music lovers first and foremost – playing it, making it, digging for it, talking about it – music is their lifeblood. Less concerned with the world of online hype, you could describe their vibe as “old school”. Put them behind the turntables and they’ll smash out a proper 100% vinyl back-to-back set skipping between jazz, funk, hip-hop, soul and disco – the heart and the backbone of their sound – and have the whole room freaking out to Polish jazz-funk oddities. It’s this commitment to the art and culture of DJing that has earned them props from Resident Advisor, Boiler Room and the worldwide underground at large. Lock them in the studio together and it’s the swing that grabs you when one of their productions stumbles and nearly trips out of the speakers. The duo revel in the exploration of the space in between beats, and the resulting loose-knit, roly-poly grooves that they coax from the MPC nestle comfortably amidst the deep-dug vinyl treasures that populate their DJ sets.

Let’s be clear though, we’re not talking about simple reverence to the warmth and dynamics of classic records, and we’re definitely not talking about straightforward sampling (which is by far the easiest way to imbue vintage character into your productions). Max and Glenn’s approach to the making of The Yard Work Simulator was atypical. “We wanted to make a dance record without the obvious components,” explains Max. “It was kind of a concept album where the tracklisting existed before we produced any music. We had a list of directions and sounds for each track name and we worked through track by track. Most of the sounds and instruments are recorded and not sampled. We worked out the harmonies, themes and chord progressions very carefully.”

Taking in chunky but totally misshapen four-to-the-floor bangers ‘Where The Fuck Are My Hard Boiled Eggs?!’, ‘Jumbo Frøsnapper’ and previous single ‘Magic Johnson’ alongside the shuffling 7 minute breakbeat epic title track and digi-funk nuggets ‘Money $ex Theme’ and ‘Flat Peter’, the result is a 10-track trip through the pair’s deliciously warped psyche, channelled through a ton of hardware. A direct extension of the album’s irreverent sonic palette, the artwork is by friend and illustrator Rahel Süßkind.

Releasing their debut albums independently for the excellent Danish label Tartelet; and also Box Aus Holz; Brandt Brauer Frick’s “The Gym”; Space Hardware and WotNot Music, and together for the first time on the inaugural Money $ex Records 12” in 2015, Max (real name Max) and Glenn (real name Konstantin) originally linked up as mutual fans via Soundcloud in 2012. Konstantin was living in Essen but whenever he visited Berlin they hung out and began making music together. They would meet at OYE Records (Prenzlauer Berg), one of Berlin’s finest independent record stores run by kindred spirit and local linchpin Delfonic (real name Markus). He not only established and runs the Box Aus Holz and TORBEN imprints but he also co-founded and runs the Money $ex label with Max and Glenn. “Besides the fact that he’s one of my favourite DJs and a really good friend, he is basically the man behind everything,” says Konstantin. “He is the one who makes it possible for us to run the label the way we want.”

Drawing comparisons with South London’s scruffy beat crew 22a and label/club night Rhythm Section – similarly close-knit collectives fostering voracious vinyl appetites and a healthy attitude to eclecticism, the Money $ex gang are in full flow with 12”s by IMYRMND, Hodini, Alex Seidel and the first full length (a fully live band project led by Max titled “Max Graef Band”) under their belts.

Sonically and ideologically off to the left of the pristine, highly-polished dance music underground, Max and Glenn have built their reputation on short-run vinyl-only 12”s, real grass roots independent record store excitement/support, turning dancefloors on their head week in week out, and pure word of mouth. It has been solely about the music from the beginning and with The Yard Work Simulator the duo are set to spread their message even further.

licaxxx
▼Licaxxx
1991年生まれ。ビート・ミュージックを中心にファンキーかつ骨太なプレイを心がけたDJスタイルで都内を中心に全国のあらゆるジャンルのパーティーに出演。オーバーグラウンドな活動をしながらもアンダーグラウンドなプレイに注目が集まっている。2.5D、 Dommuneなどの主要インターネット・メディアにも出演。また、DJ以外のビートメイカー、ライター、ラジオパーソナリティーなどの顔も持ち、音楽にまつわる様々な活動を行っている。
http//licaxxx.asobisystem.com

moodman
▼MOODMAN (HOUSE OF LIQUID/GODFATHER/SLOWMOTION)
80年代末に活動開始。高橋透、宇川直宏とタッグを組んだGODFATHER、HOUSE OF LIQUID、SLOWMOTION等のレジデントパーティーの他、TAICOCLUB、Freedommune、Raw Lifeなど、インディペンデントな屋外フェスへ多数出演。記念すべき第一回のDJを担当した〈Dommune〉では、自身の番組Moodommuneを不定期で放送している。2013年、約6年ぶりにオフィシャルミックスCD『SF mixed by MOODMAN』を発表した。
https://twitter.com/moodman10

dan
▼D.A.N.
2014年8月に、桜木大悟(Gt,Vo,Syn)、市川仁也(Ba)、川上輝(Dr)の3人で活動開始。様々なアーティストの音楽に対する姿勢や洗練さ れたサウンドを吸収しようと邁進し、 いつの時代でも聴ける、ジャパニーズ・ミニマル・メロウをクラブサウンドで追求したニュージェネレーション。2014年9月に自主制作の音源である、CDと手製のZINEを組み合わせた『D.A.N. ZINE』を発売し100枚限定で既に完売。2015年6月11日に開催の渋谷WWW企画『NEWWW』でVJ映像も取り入れたアート性の高いパフォーマンスで称賛を浴びる。そして、トクマルシューゴ、蓮沼執太、森は生きているなどのエンジニアを務める葛西敏彦を迎え制作された、デビューe.p『EP』を7月8日にリリース。7月にはFUJI ROCK FESTIVAL ‘15《Rookie A Go Go》に出演。 9月30日に配信限定で新曲『POOL』を発表。2016年4月20日には1sアルバムをリリース。
http://danbandtokyo.weebly.com

cosmppolyphonic
▼COSMOPOLYPHONIC[RLP, Fujimoto Tetsuro, RGL, Tidal, submerse][new!!!]
コズモポリフォニックの名の下、ワールドワイドな共鳴を目指し、 地球の裏側で“今”鳴っている音をタイムレスに届けるべく、世界中で同時多発的に生まれているフレッシュな音を発掘。次世代を担う世界中のアーティストや、日本の新しい才能を世界に紹介していく。2009年の配信開始以来、1年あまりで世界中に数万人規模のリスナーを獲得し、今なお急成長を続ける日本発のクオリティ・ポッドキャスト”cosmopolyphonic radio”。その抜きん出た選曲センスと、世界中のアーティスト/DJとのコネクションを活かし、常にフレッシュでリアルな音を発信し続け、多くのクリエイターからも指示されている。cosmopolyphonicで紹介されたことが切っ掛けでリリースに至るアーティストも現れるなど、世界中の新しい才能を見出すことにも定評がある。最近ではライムスターへの楽曲提供などでシーンの話題をかっさらった若干20歳の新星、MONKEY_sequence.19デビューへの道筋を用意したことは間違いない。さらにインターネットの枠を飛び出し、Onraジャパン・ツアーを成功させ、ビートシーンの最重要人物Jay ScarlettやDorian Concept、Teebs等の来日もサポート。2010年、新たな仲間を迎えPhase2へ突入。もはや単なるインターネット・ラジオの枠を越え、”コズモポリフォニック”はムーブメントになりつつある。

madegg
▼Madegg (NOCREDIT/flau/DayTripper)[new!!!]
高知出身、京都在住23才。16歳よりフィールドレコーディング、ソフトウェアを使用したコラージュ、ノイズミュージックの制作を開始。様々なアーティストとのインプロセッションや、インスタレーション・音響作品の発表を行う。2015年11月、およそ2年8ヶ月ぶりとなるアルバム『NEW』をリリース、形式としてのテクノ/ドローン/アンビエントがその構造を徹底的に溶解され、接近や複合を経てひとつの現象としてまとまっていくその過程をナラティブに描き、各メディアで様々な評価を受ける。ディット、フォトグラフ、デザインによって構成されるチーム『yong』メンバー。その他複数のプロジェクトを行っている。
http://kazumichi-komastu.tumblr.com

aspara
▼Aspara (MAL/Lomanchi)[new!!!]
金沢を拠点にDJとして活動を始める。以後様々なクラブイベントに出演。その後活動拠点を大阪へ移す。Licaxxx、Madeggと共に『MAL』を主催。
https://soundcloud.com/aspara

OPEN / START
24:00
ADV / DOOR
2,000yen / door 2,500yen(hol members, under 25→2,000yen)
LINE UP
▼1F
Max Graef & Glenn Astro (Ninja Tune/Money $ex Records/Tartelet)
Licaxxx
MOODMAN (HOUSE OF LIQUID/GODFATHER/SLOWMOTION)
D.A.N. -LIVE-
▼2F[new!!!]
COSMOPOLYPHONIC[RLP, Fujimoto Tetsuro, RGL, Tidal, submerse]
Madegg (NOCREDIT/flau/DayTripper)
Aspara (MAL/Lomanchi)
Licaxxx
TICKET
チケットぴあ [299-975] ローソンチケット [70989] e+、DISK UNIOIN(SHIBUYA CLUB MUSIC SHOP/SHINJUKU CLUB MUSIC SHOP/SHIMOKITAZAWA CLUB MUSIC SHOP/KICHIJOJI/OCHANOMIZU-EKIMAE)、Jazzy Sport Music Shop Tokyo、JET SET TOKYO、Lighthouse Records、LOS APSON?、TECHNIQUE、clubberia(5.30(mon)~)、RA、LIQUIDROOM、5/29 ON SALE

※20歳未満の方のご入場はお断り致します。年齢確認のため、顔写真付きの公的身分証明書をご持参ください。(You must be 20 and over with photo ID.)
※法律で禁止されている物や危険物の持ち込みは固く禁じます。(Any hazardous or illegal items are strictly prohibited within the premises of the venue.)
※再入場はお断りさせていただきます。(Re-entry to the venue is not permitted.)
※会場周辺での座り込み/たむろ/立ち話/待ち合わせ/大声で騒ぐ等の行為は近隣の方のご迷惑となりますので固く禁じます。(Please do not sit around, loiter, make loud noises, or plan to meet up with people in-front of, or around the venue. Please be considerate of the people in the surrounding neighborhood.)
INFO
HOUSE OF LIQUID https://www.mixcloud.com/house-of-liquid
LIQUIDROOM 03-5464-0800
2017
6
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
Prev Next
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

TICKET INFO

twitter facebook RSS

MAIL SERVICE

最新情報をメールでお知らせします

登録 削除  powered by ahref.org