SCHEDULE

7

2017

Array

7/14

Fri.

LIQUIDROOM&MUSICA presents -DEEP CUT-

LIQUIDROOM 13th ANNIVERSARY

PICK UP

Print

OGRE YOU ASSHOLEをはじめ、気鋭アクトがディープなライヴセット初披露!

LIQUIDROOMと音楽雑誌「MUSICA」がタッグを組んで、より深く・より自由に・より未知なる音楽体験を探求し、音の中にもっともっとディープにどっぷり遊ぶための、新たなオールナイトイベントを開催します。タイトルは「DEEP CUT」。そのままディープな側面を切り取る、というような意味合いで捉えてもらっても構いませんが、CUTは歌やトラックを表すスラングでもあって、このDEEP CUTという言葉には、「そのアーティストの本当のファンが知っている、自分たちのお気に入りのアルバムやB面曲」という意味もあります。今回はそこからさらに意味を発展させ、様々なアーティストにそれぞれの普段のライヴやアクトとは一味違う、よりディープでより挑戦的なアプローチにトライするステージを展開してもらうことをコンセプトにイベントを企画しました。

その中心を担ってくれるのはOGRE YOU ASSHOLE。2010年代の日本のオルタナティヴの筆頭として強い支持とリスペクトを集めるOGRE、そのステージパフォーマンスの唯一無二の素晴らしさは最早ここで語るまでもありませんし、彼らのライヴでは普段から既存の価値観を突破するような異次元の快楽にまで連れ去られるわけですが、そんなOGREが今回、彼らにとっても未知な領域にまで踏み込んだライヴに挑戦してくれます。つまり、今までに体験したことのない、より深くより本質的なOGRE YOU ASSHOLEの世界を堪能できる初めての機会です。さらには、今や日本国内のみならず海外のクラブシーンで熱い信奉を得ているDJ NOBUが登場。世界のカッティングエッジなDJ/アーティスト達からも驚嘆をもって受け止められている彼の最深部を体験できるセットになるでしょう。他にも様々なアーティストが、自身のコアを掘り下げるような斬新なライヴで出演してくれることが決定しています(出演アーティストは後日追って発表していくので、ぜひお楽しみに!)。

LIQUIDROOM ebisuの13th Anniversaryのキックオフ・デイでもある7月14日に開催する「DEEP CUT」。音楽シーンのエッジを担うアーティスト達が一堂に会し、そのエッジをさらに研ぎ澄ませたライヴを展開するこのイベントは、オーディエンスはもちろん、アーティスト自身にとっても自らの新たな音楽を切り開くものになること間違いなし。一音楽ファンとして、そんな瞬間に立ち会えることは至福でもあります。実際、すでにOGRE YOU ASSHOLEはこの日のための特別セットを考え始めてくれています。今後発表するアーティストも含め、各アクトのこの日限りのレア・セットを堪能し、その本質を深く味わうことのできる貴重な機会をお見逃しなく!!!!! (MUSICA編集長・有泉智子)

ogre_you_asshole
▼OGRE YOU ASSHOLE
メンバーは出戸学(Vo,Gt)、馬渕啓(Gt)、勝浦隆嗣(Drs)、清水隆史(Ba)の4人。2005年にセルフタイトルの1st アルバムをリリース。2007年前後から、国内も大型有名ロックフェス出演やメジャー・シーンのオルタナティブ・バンドとのツアー、海外有名アーティストのサポートなどで日本のメジャー音楽シーンで知られるようになった。結成当初はツインギターの絡みを活かしたUSAインディー・ロックの影響を色濃く反映したサウンドだったが、2011年リリースのアルバム「homely」以降、サイケロック、AOR、ポストパンク、クラウトロックなどの要素を取り込み、多様な楽曲を展開している。2009年3月にバップへ移籍し、シングル「ピンホール」でメジャーデビュー。2010年11月にはモントリオール出身のWolf Paradeと共に全米+カナダの18ヶ所をまわるアメリカ・ツアーを行った。2014年7月にフジロックフェス・ホワイトステージに登場、10月には最新(6th)アルバム「ペーパークラフト」を発表した。2016年11月に最新(7th)アルバム「ハンドルを放す前に」をP-VINE RECORDSよりリリース、ミュージックマガジン誌「2016ベストアルバム・日本のロック部門」で2位を獲得。

dj_nobu
▼DJ NOBU
Future Terror、Bitta主宰/DJ。Nobuの活動のスタンスをひとことで示すなら、”アンダーグラウンド”――その一貫性は今や誰もが認めるところである。とはいえそれは決して1つのDJスタイルへの固執を意味しない。非凡にして千変万化、ブッキングされるギグのカラーやコンセプトによって自在にアプローチを変え、 自身のアンダーグラウンドなリアリティをキープしつつも常に変化を 続けるのがNobuのDJの特長であり、その片鱗は、 [Dream Into Dream] (tearbridge), [ON] (Musicmine), [No Way Back] (Lastrum), [Creep Into The Shadows] (Underground Gallery), そして最新作 [Nuit Noire] (Ultra-Vybe) など、これまでリリースしたミックスCDからも窺い知る事が出来る。近年は抽象性の高いテクノ系の楽曲を中心に、オーセンティックなフロアー・トラック、複雑なテクスチャーを持つ最新アヴァン・エレクトロニック・ミュージック、はたまた年代不詳のテクノ/ハウス・トラックからオブスキュアな近代電子音楽など、さまざまな特性を持つクセの強い楽曲群を垣根無くプレイ。それらを、抜群の構成力で同一線上に結びつける。そのDJプレイによってフロアに投影される世界観は、これまで競演してきた海外アーティストも含め様々なDJやアーティストらから数多くの称賛や共感の意を寄せられている。最近ではテクノの聖地 “Berghain” を中心に定期的にヨーロッパ・ツアーを行っており、とりわけ2015年夏にアムステルダム郊外で行われた “Dekmantel Festival” での出演の様子はBOILER ROOMでインターネット中継され、さらなる世界進出への足がかりとなった。 2016年末には日本人として初めてRESIDENT ADVISORが選ぶ世界のDJトップ100名に選ばれ、2017年はロンドンのクラブ “Oval Space” でのレジデント出演も決まり、また3年連続となる “Dekmantel Festival” への出演も決定するなど、もはや世界の舞台での人気は不動のものとなったNobuだが、活動の基盤はあくまで彼が愛する地元千葉であり、今も変わらずアンダーグラウンドな視点でシーンのネクストを模索し続けている。
https://www.facebook.com/pages/DJ-NOBU-OFFICIAL/236488399758952
http://futureterror.net
https://www.residentadvisor.net/dj/djnobu


NOBU’s stance as a DJ can be best described as underground — his persistence is undisputed. However, that should not be confused with stylistic inflexibility. Rather, his approach is singular and ever-changing, constantly modified and adjusted to the quality and the concept of each gig he plays. He keeps it all underground, yet he manages to mutate it. It is this ability that makes him stand out, as can be heard on his official mixes such as [Dream Into Dream] (tearbridge), [ON] (Musicmine), [No Way Back] (Lastrum), [Creep Into The Shadows] (Underground Gallery) and [Nuit Noire] (Octave-Lab). In recent years, he has been programming his set around highly abstract techno with authentic floor anthems, textured avant-electronic music as well as unknown house tracks, along with even more obscure contemporary electronic pieces. He excels in threading challenging tracks from his wide repertoires into a compelling story. What he could present on the dance floor with his DJ set has gained much love and applause, even among many international acts he shared the stage with. Lately, he has been touring regularly to Europe including several appearances at the techno institution Berghain, collaborating with Smoke Machine crew from Taiwan, building his network worldwide to explore his new frontiers.

OPEN / START
open/start 20:00 close 27:00
ADV / DOOR
¥3,000(税込・ドリンクチャージ別) / -
TICKET
チケットぴあ [333-098] ローソンチケット [73444] e+ 5/12 ON SALE ※オールナイト公演につき、20歳未満の方のご入場はお断り致します。年齢確認のため、顔写真付きの公的身分証明書をご持参ください。
INFO
LIQUIDROOM 03(5464)0800

ATTENTTION

  • 20歳未満の方のご入場はお断り致します。年齢確認のため、顔写真付きの公的身分証明書をご持参下さい。
  • 会場付近でのお待ち合わせ及び立ち話等は近隣の方のご迷惑になりますのでご遠慮下さい。
  • 会場には駐車、駐輪スペースはございません。歩道に自転車、バイク等をお止めになりますと歩行者の方の妨げ及び近隣の方のご迷惑になりますのでご遠慮下さい。
2017
5
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
Prev Next
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

TICKET INFO

twitter facebook RSS

MAIL SERVICE

最新情報をメールでお知らせします

登録 削除  powered by ahref.org