SCHEDULE

ATFIELD inc. 20th & LIQUIDROOM presents ROOMCAMP

ATFIELD inc. 20th & LIQUIDROOM presents ROOMCAMP
OPEN
18:30
START
19:30
ADV
¥3000(税込・ドリンクチャージ別)
LINE UP

LIVE:

ZOMBIE-CHANG

xiangyu

玉名ラーメン

DJ:Dr.Pay

TICKET
チケットぴあ ローソンチケット [71519]  e+

10/17 10:00 ON SALE

※小学生未満入場不可

 

===
※オフィシャル先行受付あり。
https://w.pia.jp/t/roomcamp/
受付期間:2020年10月12日(月曜日)21:00 ~ 10月16日(金曜日)23:00
===

 

注意事項 :
<ご来場者様に関して>
・小学生未満のお子様はご入場は頂けません。
・当日は会場内含めマスクの着用をお願い致します。着用されていない方は入場をお断りいたします。
・お客様同士の安全な距離を確保するため、 通常よりも少ないキャパシティで開催いたします。

 

<入場に関して>
・入場時、検温を実施いたします(37.5℃以上の方は別途再検温、再度37.5度以上の場合はご入場をお断りする場合がございます。)
※感染者発生時に保健所・その他関連機関にご来場のお客様の情報を提供する場合がございます。お客様情報は公演後 1 ヶ月保管させて頂きます。それ以外の目的には一切使用いたしません。保管期間終了後は破棄致します。
・発熱・咳・全身痛などの症状がある場合、または過去2週間以内に感染拡大している国・地域での滞在歴、渡航歴がある方は来場を自主的に当イベントへの参加をご辞退お願いいたします。
・新型コロナウイルス感染症の陽性と判明した方との濃厚接触がある方、同居家族や身近な知人の感染が疑われる方、過去 14 日以内に政府から入国制限、入国後の観察期間を必要とされている国・地域等への渡航及び当該国・地域の在住者との濃厚接触がある方は自主的に当イベントへの参加をご辞退お願いいたします。

 

<公演に関して>
・場内における大声での発生、会話、お手洗いの際以外の不要な移動、過度な飲酒などお控えいただきます。
・会場内に設置されたアルコール消毒液で手指の消毒をお願いいたします。
・上記ルールを守れない場合、ご退出をお願いする場合がございます。

INFO

エイティーフィールド 03-5712-5227

今年20周年を迎えるロックエージェントATFIELDと、ロックからサブカルチャーまで最新の音楽シーンを発信するライブハウスLIQUIDROOMがタッグを組んで送る新企画 “ROOMCAMP” がついに開催決定!!

 

野外オールナイト・ロックフェス、BAYCAMP (今年は延期を経て、11/21、11/22にぴあアリーナMMにて2日間の開催!) などを運営する、今年20周年を迎える元祖ロックエージェントであるATFIELDと、恵比寿LIQUIDROOMがタッグを組んで開催するイベント、“ROOMCAMP”。初開催の今回は、ジャンルに捉われないオリジナリティーを放つ3組 + 1DJでお送りする。

 

登場するのは今年8月にリリースしたばかりのアルバム『TAKE ME AWAY FROM TOKYO』で今回のパンデミックもトピックに取り入れた詞世界と、クラブ・ミュージックの要素を大幅に取り入れたサウンドが話題のメイリンによる作詞作曲、トラック、リリックをすべて自身が手がけるソロ・プロジェクトZOMBIE-CHANG。
昨年に続き2度目となる自主企画〈香魚荘(シャンユーソウ)〉をコロナ禍にて開催するなど多方面への勢力的な活動と、南アフリカ由来のベース・ミュージック、GQOM(ゴム)や東アフリカ、タンザニアの高速エレクトロ、シンゲリなどを取り入れたビートの上で自由奔放に中毒性の高いリリックを放つ、その音楽性からも特異な存在感で注目を集めるxiangyu。
そして今年初めのLIQUIDROOM2Fで行われた、サカナクションのドラマー・Keiichi Ejimaによる新たなパーティ「NIGHT CLUB」にも出演した、自ら創造するユーフォリックでエッジーなエレクトロニック・ミュージックのトラックとささやくような歌声で独自の世界観を示す玉名ラーメン。
またDJとして、Friday Night Plansのプロデュースや、東京で最注目のクリエティブレーベルPERIMETRONへの楽曲提供するなど、他のアーティストとの化学反応を繰り返しながら創作し続けるDr.Payを迎える。

『今、この時代』の感性の研ぎ澄まされたアーティストたちによる一夜。ぜひお見逃しなく!

 

 

▼ZOMBIE-CHANG
メイリンのソロプロジェクト、ZOMBIE-CHANG(ゾンビーチャング)
作詞作曲、トラック、リリック全てを彼女が手掛け、2016年に配信「恋のバカンス E.P.」でデビュー。その後、1stアルバム『ZOMBIE-CHANGE』をリリース。2017年3月には2ndアルバム『GANG!』をリリースし、リリースパーティーを青山のPIZZA SLICEで開催。2018年に3rdアルバム『PETIT PETIT PETIT』をリリースし、FUJI ROCK FESTIVAL ‘18への出演。初のツアーを国内3都市と、中国、台北、香港のアジアツアーも決行し盛況に終える。カナダのR&BシンガーThe Weekndが、自身で選曲したApple musicのRadio Program “beats1″に「イジワルばかりしないで」を選曲、またインスタグラムの告知ティザーのBGMでも使用され大きな話題に。2019年6月にはフランスで開催される音楽フェスLa Magnifique Societyに出演。9月には『PETIT PETIT PETIT』をUKのレーベル“Toothpaste Records”よりVinylでリリース。音楽プロジェクト以外にも、モデル、執筆業などでも活動。ジャンルに捉われないオリジナルティ溢れる音楽性と、 独自の世界観を放つライブ・パフォーマンスは中毒性が高く、今最も注目される女性アーティストのひとり。
http://zombie-chang.com/

 

▼xiangyu
2018年9月からライブ活動開始。 日本の女性ソロアーティスト。
読み方はシャンユー。 名前は本名が由来となっている。
2018年10月に初のデジタルシングル「プーパッポンカリー」。2019年5月、初のEP『はじめての○○図鑑』をリリース。
南アフリカの新世代ハウスミュージック、GQOM(ゴム)のエスニックなビートと等身大のリリックをベースにした楽曲で関東を中心に勢力的にライブ活動を行なっている。2020年1月には、東アフリカ、タンザニアの高速エレクトロ”シンゲリ“にインスパイアを受けた楽曲「ひじのビリビリ」、そして6月5日には2ndEP『きき』をリリース。
https://xiangyu0322.tumblr.com/

 

▼玉名ラーメン
2001年生まれのプロデューサー/アーティスト。 トラップからアンビエント、ハウスまでをも内包したアブストラクトなトラックにポエティックなつぶやきが融合したオリジナルな音楽性はUK名門レーベルからの注目も集める。様々なジャンルやシーンを超えてボーダレスに自然と混ざり合う今の感性を全面に感じる楽曲を制作している。

 

▼Dr.Pay
東京を拠点に活動、20歳。
ASILIS所属のプロデューサー/ダンサー/アーティスト。
Michael JacksonからJames Blakeまであらゆるジャンルから抽出した要素を実験的に組み合わせた独自のダンスミュージックを発信する。
2019年にFriday Night PlansのHONDA VEZEL CMソングのプロデュースをおこない、東京で最注目のクリエティブレーベルPERIMETRONの映像へ楽曲を提供するなど、他のアーティストとの化学反応を繰り返しながら創作し続けている。
2020年に西岡翔太郎(PERIMETRON)と、シンガーソングライターのHIMIが立ち上げたレーベル”ASILIS”に所属