SCHEDULE

坂本慎太郎

坂本慎太郎
OPEN
19:00
START
20:00
ADV
¥4500(税込・ドリンクチャージ別)
TICKET
e+

2/29 ON SALE

===
※イープラス・プレオーダーあり。1人につき2枚まで。
https://eplus.jp/sf/detail/3208920001-P0030001
受付期間:2020年2月8日(土曜日)12:00 ~ 2月15日(土曜日)18:00
===
※未就学児童のご入場はできません。
※小学生以上はチケットが必要になります。

INFO

LIQUIDROOM 03(5464)0800

2020年、最初の坂本慎太郎ワンマン

ライヴ活動再開後、定期的にライヴを行っているLIQUIDROOMにて、2020年最初のライヴとなる、坂本慎太郎ワンマン・ライヴ公演が4月23日に決定。SF、SR、シカゴ、NYを巡るUSツアー、そしてソロ初のホール・ライヴとなった人見記念講堂を含む国内4都市ツアー以来、初のライヴという側面も。2019年は、現在のバンドの、研ぎ澄まされた感覚をそのまま封じ込めたようなサウンドの、シングル「小舟 / 未来の人へ(コーネリアス楽曲のカヴァー)」(両曲ともにゑでぃまぁこんのヴォーカル&ギター、ゑでゐ鼓雨磨をフィーチャー)をリリース。そんなサウンドを生み出したバンド編制は、もちろん坂本慎太郎 (ギター&ボーカル)、AYA (ベース&コーラス)、菅沼雄太 (ドラム&コーラス)、西内徹 (サックス&フルート)。幾多のライヴを経て、また新たな次元へと突入した感のある坂本慎太郎のライヴ、2020年の東京でどう響くのか。見逃し厳禁のプレミアムな公演のお知らせでした。

 

 

▼坂本慎太郎
1989年、ロックバンド、ゆらゆら帝国のボーカル&ギターとして活動を始める。
2010年ゆらゆら帝国解散後、2011年に自身のレーベル、”zelone records”にてソロ活動をスタート。
今までに3枚のソロ・アルバム、1枚のシングル、7枚の7inch vinylを発表。
NYの”Other Music Recording Co.から、1stアルバム『How To Live With A Phantom (2011)』と2ndアルバム『Let’s Dance Raw (2014)』、”Mesh-Key Records”から3rdアルバム『Love If Possible (2016)』をUS/EU/UKでフィジカルリリース。2017年、ドイツのケルンでライブ活動を再開し、国内だけに留まらず、2018年には4カ国でライヴ、そして2019年USツアーを行う。今までにMayer Hawthorne、Devendra Banhartとのスプリットシングルや、2019年、サンパウロのO Ternoの新作に1曲参加。
最新シングルは「小舟」(2019年)を7inch /デジタルでリリース。

 

様々なアーティストへの楽曲提供、アートワーク提供他、活動は多岐に渡る。 
www.zelonerecords.com