FEATURE-REVIEW

ハルカトミユキ

なぜ出会ってしまったのだろう? ヤツらとの出会いによって人生狂い咲き!?
そんな“ニクイ”やつらをご紹介。

どこまでも言葉にこだわり、短歌をこよなく愛する、歌人ハルカと、ノイズとジャンクで踊る、80’sオタクの奇人・ミユキ。
大学で知り合った2人、決して交わらないねじれの位置が生み出す音楽は、鮮烈な印象を残し、ファンを増やし続けている。
そんなハルカトミユキの人生に影響を与えた楽曲をご紹介!




《ハルカ select》

これはベスト盤。
去年、どん底の精神状態で聴いていた何曲かの内の一曲が、
the people who grinned themselves to death。
死や終わりに関する曲をダラダラと聴いていた、そのほとんどはもはや記憶の彼方だが、
この曲を含む何曲かは、私の中で生き残り、
最終的に、私の再出発の背中を押してくれる事になる。
私達の新曲「世界」のヒントにも、
その後のNorman Cookを聴きかじり、i-depを知り、「嘘ツキ」が産まれる。

言葉とライブハウスとを繋げてくれたバンド。
喉が潰れてしまうような叫び、裸で血だらけで暴れる。
それでもそこに在るのはあくまで言葉である。
表現に音楽を選ぶ事を決心させてくれた。
じゃあ、私は何をすればいい?

詩を書くということ、と、歌うということ、を結びつけてくれた人。
この人は、歌い手以前に詩人でもある、と感じさせてくれた。
その在り方に勇気をもらい、おぼろげながら、自分の表現方法が見え始めた。
言葉と歌の狭間にある何か、それを探し始める切っ掛けになった。
抑えようのない激しさ、得体の知れない何か。
人の中にある汚さは、美しい歌にもなるのだと。

言葉と歌声の相関関係に気づかせてくれた。

孤独、無力、脆弱、絶望、 、。
言葉とともに極限まで繊細に変化する歌声。
暴力を知らない私達の歌も、
暴力以上に、世界の色を変えることが出来る。

ああ、自分は歌を歌いたいんだ、と思った。

宮沢賢治の言葉に憧れてた。
たった一言で、たった一行で、
びりびりと動けなくなってしまう。
言葉の力。

子供の頃から言葉を書き溜めていた、
私の’たった1行’を探して。

歌にすることで、言葉の力が増すんだ、と気づくのは、
こういう圧倒的に昇華された作品と出会ってからのこと。

静寂と轟音、沈思と激白



《ミユキ select》

子供の頃、ファンクラブに入ってた。私の青春の1ページ。
初めてLIVEに行ったアーティストでもある。
これを聴いて元気をもらっていました。
迷いなくポップである事。
ヒットするって事。
を目の前に突きつけてくれる、私にとってのエンターテイメントのひな形。

Foster the peopleからのHuman League。
このalbum収録の「Human」から、ニューロマにハマった。
自分にとっては現在進行形の音楽。
今自分が作っているトラックは、この曲から全て何らかの影響を受けている。

Queenというよりは、フレディ・マーキュリー。
フレディの似顔絵を自分で書いたTシャツでライブをしている、私。
みんなが、アイドルを追いかけるのと同じですね。
フレディアディクト。
ちなみに私、いつもどおり、フレディを見かけで好きになった。
女装してるPVとか大好きなの。
後から、オリジナル・アルバムを聴いてびっくり、これぞオリジナリティ。
今や最も尊敬するパフォーマーであり、尊敬するピアニストでもある。

カート・コバーンの伝記本の表紙の顔に惹かれて曲を聴いた。
大学一年生、ハルカに何が好きと聞かれ、カート・コバーンと言ったことは、
今思うと結成のきっかけになったのだが、
実は私が好きだったのは、カートの顔。ごめん、ハルカ。
smells likeを一回ギターボーカルとしてコピーして、諦めて、キーボーディストの道へ。
カートとの出会いがなければ、ハルカトミユキはなかった。

大のディズニー好きの私。気に入ったディズニー映画のサントラは必ず手に入れる。
その中でも群を抜いて好きなのがこれ。
1991年作。幼差ない頃は何度も何度もVHSで見た。
時を経た今でも、時々に見返している。
名曲「beauty and the beast」の第一声で体中がゾクっとする感覚は、
私が音楽をやる上での感動の基準になってる。
極私的感動スタンダード。
ちなみに、「ひとりぼっちの晩餐会」で食器たちがダンスをする映像も大好き。


4/25(土)開催!
1st mini ALBUMを記念して、バンド編成でのRelease Party!
自主企画「ハルカトミユキ meets People In The Box」を開催。
チケット好評発売中!
http://www.liquidroom.net/schedule/20150425/23563/